2019年6月9日日曜日

php の文字列は、シングルクォートとダブルクオートでどれだけ差があるのか。

背景

どんなライブラリを見ても、php の文字列はだいたいシングルクォートで定義されている。パフォーマンスに差があるのはわかるが、変数を入れ込みたいときに面倒になる。

'{$hoge}' と書いて実行して、間違いに気づきあとで "{$hoge}" に変更する... という作業を何度やったことか。個人的には "" で統一したい派なので実際にどれぐらいの差があるか測定してみたかった。

調べてみると

測定しているサイトがあった。なるほど大して変わらないらしい。
ただちょっと記事が古い。php は 7 で大分変ったので手法はそのまま使わせていただき実測してみることに

php のシングルクォートはほんとうに早いのか
http://takuya-1st.hatenablog.jp/entry/2013/09/10/221859

実測

コードは参考サイトから拝借させていただき、まんま同じコードを流します。

foreach (range(1,1000*1000) as $cnt ) {
    $str = '人は「考え方」を手に入れたとたん頭のよくなる生き物である';
}

結果がこれ。シングルクォート版は 46.3441ms


ダブルクオート版を流します。
foreach (range(1,1000*1000) as $cnt ) {
    $str = "人は「考え方」を手に入れたとたん頭のよくなる生き物である";
}

結果がこれ。ダブルクオート版は 49.5017ms

その差 3.1576ms 。
ちなみに、これは「シングルクォート版」と「ダブルクオート版」を交互に実行して、一番それっぽく差が出た数値を採用しました。
どういう事かというと、同じダブルクオート版を実行しただけでも誤差の範囲でこれぐらいのブレがあります。

  • 49.01ms
  • 47.0376ms
  • 50.2956ms
シングルクォート版だけでも、これぐらいのブレがでます。
  • 48.038ms
  • 49.675ms
  • 49.3508ms

1回1回の差分を見ると、1-2ms あるかないかぐらいですね。その程度ということです。
その程度のことにまでくまなく神経を行き届かせるのが我々の仕事ですが、何を重視するかの方針次第だと思いました。私は面倒くさがりなので全部 " に統一したい派です。

文字列結合バージョン

ちなみに文字列結合バージョンはこんな感じの結果でした。
foreach (range(1,1000*1000) as $cnt ) {
    $str = "人は「考え方」を手に入れたとたん頭のよくなる生き物である{$cnt}";
}
  • 84.2508ms
  • 85.6132ms
  • 80.1787ms
foreach (range(1,1000*1000) as $cnt ) {
    $str = "人は「考え方」を手に入れたとたん頭のよくなる生き物である".$cnt;
}
  • 84.6025ms
  • 81.3242ms
  • 80.8663ms

うーん、ほとんど変わりがありません。

実行環境

Windows10 の php 7.3.5 でした。


以上。

2019年6月2日日曜日

Windows 10 の 検索BOXが真っ白になったら…

ある日突然、Windows 10 の検索 BOX が真っ白になりました。
「ここに入力して検索」と書いてあるやつですね。


こんな状態になってしまいました。

調べてみると、コマンドを打てとかインデックスを再構築しろとかレジストリを、、、とか、おそらく現象が微妙にことなる問題の解決策が混じって面倒だったので、画像と共に記録しておきます。

はいそうです。Crotana を強制終了したら治りました。

何度も再起動しても治らなかったのに、タスクの終了で治りました。
そう、Windows10 の再起動はこちらが思うような再起動をしてくれません。
Windows10 は基本好きですが、再起動周りだけは好きになれません。

以上。

2018年9月19日水曜日

Nexus 5X が再起動ループになっても、Y!mobile(ワイモバイル)で無償修理対応してくれる!

いきなりまとめ

Y!mobile(ワイモバイル)で購入した Nexus 5Xが、とうとう再起動ループ状態になった。ネットでどう検索しても、「修復不可」「Googleストアから購入した Nexus5Xなら修理可能」という情報しか得られなかった。

有償修理か買い換え前提でワイモバイルへ持ち込んだら、「無償修理」してくれた(故障安心パックも不要)。ネットにある情報がすべてではない。自分の足を動かせという教訓を得た話(まじで分解とかやる寸前だった)。

※ 2018/09/19 のお話です

補足

  • 無償修理の対象なのは、「再起動ループ」のみ。修理中に他の不具合があった場合、そこの修理は有償になる。その場合は電話連絡するのでその時判断してくださいとのこと
  • 中身を取っ換えるので、データは消えますとのこと
  • 代替機は Nexus6 を貸してもらえた。これは店舗の代替機在庫にもよると思うけれど、SIMのサイズ的に Nexus6 かなと
  • 修理期間ははだいたい2週間(代替機があるので別に気にしない)
  • 受け取りは申し込んだ店舗のみなので、近所に行きましょう
  • 来店予約できるので、行く前に TEL したほうが楽

Y!mobile(ワイモバイル)の Nexus 5X ユーザへ

迷わず Y!mobile(ワイモバイル)ショップへ持ち込みましょう。

代替機の Nexus 6

2018年4月27日金曜日

tideways で PHP のパフォーマンスを測定する

弊社で管理しているシステムの本番環境に tideways を試験的に導入してみました。
まだトライアル期間中で色々と機能を試しているところですが、導入にあたっての疑問点などをまとめておきます。

特徴

プロファイラとしての主だった特徴は、この辺りです
  • SaaS 型のサービスなので管理コストが不要
  • 本番環境に導入できる
代替サービスとして blackfire がありますが、こちらは年間プランしかないので試用期間後の有料版契約のハードルが重く、まずは tideways を試してみることにしました。

SaaS 型のサービスなので管理コストが不要

管理コストを考えたときに、月数千円~2万円の範囲であれば、メンテナンス工数よりも安上がりだと判断しました。もちろんこの辺りはプロジェクトの規模・メンバ構成・ビジネス的なキャッシュフローの質によって変わるところではあります。

本番環境に導入できる

また、「事件は開発環境で起きているんじゃない、本番環境で起きているんだ!」ということで今回は本番環境に導入できることを重要視しました。
(選択肢から Xdebug 等が除外されます)

導入方法

びっくりするぐらいに簡単です。

まずは、ユーザ登録をするとダッシュボードから組織をアプリを作成することができるので、作成します。


インストール

Create Application すると、このような導入手順が表示されるので、素直に yum install するだけです。

OS を切り替えると、OS 毎に異なるコマンドを表示してくれます。

設定

同じように設定内容が API KEY と共に表示されているので、素直に設定します。
php.ini で設定する例

こちらも、設定方法を切り替えると方法に応じた設定を表示してくれます。

framework は指定してもしなくても問題ありません。
指定することのメリットは、トランザクション名を自動的に生成してくれることです。
指定しない/指定したのに働かない 場合は、このように手動で設定します。
<?php

class Dispatcher
{
    public function dispatch($controllerClass, $actionName)
    {
        // Add this four lines to set the transaction name
        $transactionName = $controllerClass . '::' . $actionName;
        if (class_exists('Tideways\Profiler')) {
            \Tideways\Profiler::setTransactionName($transactionName);
        }

        $controller = new $controllerClass();
        return $controller->$actionName();
    }
}
https://tideways.io/profiler/article/40-transactions より

成功すると、こんな感じでログが表示されます。

パフォーマンスが悪い箇所が分かっている場合は、"HTTP" などと表示してくれています。

で、特定のトランザクション名を選択すると、取得した Trace が表示されます。
取得できる Trace 数には制限があるので、全ての処理を Trace しているわけではないので、無い時もあります。(どういう基準で Trace しているのかはわかりません。。)

Trace があれば、選択するとこのようにタイムラインを表示してくれます。

ここまで見れれば、大抵の問題は解決できるでしょう。

以上。

2018年4月4日水曜日

Azure VM がエラー「This suggests the guest OS has not been properly prepared to be used as a VM image (with CreateOption=FromImage)」で起動しない。

問題発生…

Azure でカスタムイメージを作成して、そこから VM を作成したところ「This suggests the guest OS has not been properly prepared to be used as a VM image (with CreateOption=FromImage)」エラーが発生して VM を起動することができませんでした。

原因は、、

色々と調べたところ、VM が「This suggests the guest OS has not been properly prepared to be used as a VM image (with CreateOption=FromImage)」エラーで起動できなくなったのは、カスタムイメージの作成時に「プロビジョニング解除」の処理を忘れたまま、イメージを作成したのが原因のようでした。

カスタムイメージの作成時には、「プロビジョニング解除」を行ってから、VM の割り当てを解除→キャプチャの手順を踏む必要がありますが、それをすっ飛ばしていました。

積んだ…?

それに気づいたので、さあ「プロビジョニング解除」をやり直そう!と思っても、1度キャプチャして一般化された VM を再び起動することはできず。
残されたのは

  • 一般化された使えないVM(ゴミ)
  • 使えないカスタムイメージ(ゴミ)

という状況。元の環境を復旧するすべはないように思えました。。。

たどり着いたゴール!

最終的に解決に導いたのはこの記事。色々検索すると、2017年頃に作成された MS 製の記事が色々と見つかります。ユーザが Googling でトラブルシューティングできるように力を入れてますね。

解決方法は、「ディスクから再び VM を作成し直す。」でした。
要するに、

  • 「ディスク」を残したまま、キャプチャして使えなくなった VM を破棄
  • 「ディスク」から VM を作成すると、VM 復活!

ということでした。

詳細は、こちらの記事にをご確認くださいませ。
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/11/21/cannot-start-vm/

Happy googling life!

2018年4月2日月曜日

Azure で Linux VM を複製(コピー)する。

Azure で VM を複製しようとしたら、まとまった情報がなく意外と手間だったので記録しておきます。

前提

  • GUI でやってます。Power Shell は使いません
  • 複製元とする VM が起動中(SSH接続可能)であることが必要です
  • 複製元とする VM は停止が必要です
  • Linux VM です

基本手順

VM を複製する基本手順は以下の 4STEP です。
  1. VM のプロビジョニングを解除
  2. VM を停止
  3. VM をキャプチャしてイメージを作成
  4. イメージから VM を作成

VM のプロビジョニングを解除

複製元としたい VM に SSH で接続し、プロビジョニング解除用のスクリプトを実行します。以下の手順です。(※SSH の情報は複製元としたい VM の情報に置き換えてください)

VM に SSH 接続します。
bash
ssh azureuser@52.174.34.95
VM のプロビジョニングを解除します。
bash
sudo waagent -deprovision+user -force
SSH セッションを閉じます。
bash
exit

※ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/tutorial-custom-images#deprovision-the-vm より引用

VM の停止

GUI から VM を停止させます


VM を停止する

VM をキャプチャしてイメージを作成

キャプチャボタンを押下して、


キャプチャ

作成するイメージ名とそのリソースグループを入力して、イメージを作成します。
ここで作成するイメージから、新規に VM を作成できるようになります。

イメージの作成

成功すると、このようにリソースグループに "イメージ" というリソースが追加されます。


イメージが追加された

イメージから VM を作成

そうすると、作成したイメージから、「VM の作成」ができるようになります。


「VM の作成」ができる


その後は、いつもの VM 作成画面になります。
必要事項を入力していけば完了。


いつもの VM 作成画面

以上。

参考

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/tutorial-custom-images#deprovision-the-vm



2018年4月1日日曜日

Lumin SDK を Unity / Unreal Engine 4 で Hello World.

Lumin SDK をインストールして、Unity と Unreal Engine 4 で Hello World したときのメモです。

Lumin SDK とは?

Magic Leap One で動くアプリを開発するための SDK です。
こちらから DL できます。
https://creator.magicleap.com/home

Magic Leap One とは?

この辺を見てください。
https://japanese.engadget.com/2017/12/20/ar-magic-leap-one-2018/

Lumin SDK x Unity / Unreal Engine 4 で Hello World するまで

基本的には、ここの Tutorials に沿っていくだけでできます。
https://creator.magicleap.com/home

それが終わったら、環境別の Tutorial へ。


とくに躓くことはありません。

インストールするものなど、全体像

インストール手順はこちらから
  • Magic Leap Package Manager
  • Lumin SDK(Magic Leap Remote や Simulator を含む)
  • Unity または Unreal Engine 4

Magic Leap Package Manager

Magic Leap Remote

シミュレータ

Unity

Unreal Engine 4

以上。